Guitar@RAG
ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ピックの種類と選び方(樹脂素材)

ギターピックの種類と選び方・おすすめ(樹脂・プラスチック素材編)

ギター・ベース用として市販されている様々なピックの中から、20種類以上の樹脂プラスチック素材の感触やサウンドの特徴、その使い方・選び方についてをわかりやすく解説します。

音楽スタジオのベテランスタッフがレビューしてみました。

【素材別レビュー】

樹脂・プラスチック素材

セルロイド(Celluloid)

セルロイド

愛用してる人も多く、一番ポピュラーな材質です。

ピックによく使われる合成樹脂で他の素材に比べても安く、手に入りやすいピックです。

レビューモデル

SCHECTER H トライアングル 1.00mm

素材の感触

しなりが適度にあり弾きやすい一方で、ツルツルした触り心地のため油断するとピックがくるくると回る。

強度は弱いので使用しているとどんどん削れてくるため、替えをたくさん用意しておきましょう。

サウンドの特徴

特徴がないのが特徴です。

初心者の方は迷ったらとりあえずこれを買っておきましょう。

この素材を基準にしてなにが足りないか、なにが足したいかという感じで自分のプレイスタイルに合うピックを探していけばいいかと思います。

フラットな出音、バランスの良さからオールジャンルで使用できますし、歪ませてももちろん使えます。

スムースで角の立たないアタック感なので弦振動も感じやすく、テクニック次第で微妙に表情を変えることもできるので上級者でも愛用者が多いのもうなずけます。

弦の消耗は少なく弦も切れにくいです。

メーカーによって少しずつ加工が違うので好きなものを見つけましょう。

塩ビ(PVC)

塩ビ

PVC樹脂(ポリ塩化ビニル)は耐水性、耐久性、耐熱性、耐寒性に優れ磨耗にも強い優れた特性から、ピックに最も使われている素材の一つです。

サウンドの特徴

  • 粘りがありアタック感が強い。

メリット・デメリット

  • 磨耗に強く減りが少ない

ナイロン(Nylon)

ナイロン

アタックが弱く柔軟性があるのが特徴で、クリーントーンをナチュナルに奏でられます。

アコースティックギターとの相性はバッチリです。

また、一般的に普及している素材なので様々なブランドから出ており種類が豊富なのも嬉しいですね。

レビューモデル

PICKBOY CLASSIC NYLON 1.00mm

素材の感触

硬さは柔らかめで、表面に適度な抵抗がありため弾き心地は良い感じです。

柔らかめの素材全般にいえることですが、指の延長の感覚で弾けます。

弦の消耗も少なく、ライブ中も安心度が高い。

一方でピックの減りは早いので激しいプレイをするときは予備が必要です。

サウンドの特徴

丸く優しい出音で、比較的ウエットな響きがします。

リバーブが深めでも耳障りにならない印象で、ミドルレンジがよく出るのでナチュラルでオーガニックな音像。

どちらかというとオシャレ系ポップスやアダルティーな曲に向いている印象です。

バラードアレンジやギターのみで伴奏する時に使用してみたり、ブルースロックなどで使用すると”いなたさ”がおもしろい。

アコギとも相性が良く、よりアコギらしさを出してくれる一方、歪みでの使用時はやや音像が潰れる印象なので、ディストーションには不向きです。

アクリル(Acryl)

アクリル

硬度の高い、いわゆるプレキシグラスで作られているためしなりがありません。

有機ガラスの一種で透明で加工が簡単なこともあり広く使用されています。

照明器具や時計の風防などでお馴染みですね。

レビューモデル

V-PICKS Screamer

素材の感触

硬質なイメージですが特有の弦に対する吸い付きがあります。

持ち心地も良く、先が薄く処理されているので弾きにくさはありません。

極厚なのに軽いので慣れは必要です。

サウンドの特徴

その硬さから立ち上がりは早い方ですが軽いので音に厚みや重さが出ないのが特徴です。

音もミドルがよく出る印象で丸くなりやすいですが、輪郭はボヤっとしません。

柔らかな音でキレよく演奏できるのでソウルバンドやフュージョンなどで使ってみるのが面白そうです。

歪みに関しても同じくミドルが押されるのでふくよかに歪み、エッジが立ちにくく耳障りになりにくい印象です。

軽さからかピッキングがよく回るので、速いフレーズでも慣れれば使いやすさも感じるでしょう。

音は特徴的というよりは一般的なイメージです。

ウルテム(ULTEM)

ウルテム

非晶性熱可塑性ポリエーテルイミド(PEI)樹脂のULTEMは、きわめて優れた耐熱性、高い強度と剛性、幅広い耐薬品性を備え、ピックの素材としても非常にバランスの良い素材です。

JIM DUNLOPはウルテックス(ULTEX)の名前で商品化しています。

手に馴染む感覚はべっ甲のそれに近く、人間の爪に最も近い素材と言われています。

音の立ち上がりも早く音の粒立ちがとてもクリアで、弦とのフィット感や持った時の指に吸い付くような感触が特長です。

レビューモデル

Clayton ULTEM 0.72mm

素材の感触

マットな触り心地で適度な硬さ、しなりがあるので好印象です。

本べっ甲に近いということで、爪に近い打音とアタックが感じられます。

しかも素材の特性上ほとんど減りませんので経済的ですね。

1.00mmが好きな私ですが、このピックは0.72mmのモデルが丁度いいです。

サウンドの特徴

いわゆる爪に近いといわれる素材なので音はオーガニック感があります。

全体的にバランスがとれているのでオールジャンルに使えるため、奏法を選ばないので便利ですね。

バランスがいい中でも比較的ミドルが強調され、粘りのあるサスティーンが特徴的です。

芯もありモワッとしないので歪みでも使いやすく、オーバードライブ位で弾くのが丁度いいですので、フュージョンサウンドにはうってつけですね。

最近の素材の中ではファンが多くピックにこだわる方の中でスタンダードになりつつあります。

手に入りやすいので一度試してみてはどうでしょうか。

カーボン(Carbon)

カーボンナイロン

カーボンナイロンという、複合素材を使用したピックです。

このタイプは先端のとがってるタイプのものが多く、テクニカル系のギタリストが使用されてること多いです。

レビューモデル

PICKBOY Carbon Nylon 0.88mm

素材の感触

しなりはほぼなく、硬くマットな感触が特徴です。

軽いのでピッキングは楽な印象ですね。

削れは少なそうですが徐々に減っていく系です。

サウンドの特徴

音はパキンと硬い印象で立ち上がりが早く、はっきりとした音像なのでスッキリしています。

ミッド~ハイがよく出てローは少なめですが、エッジが立ちすぎず耳障りでないので使いやすさもあります。

クールでダークな音色を使用したいメタル系やアーバンな音楽に向いています。

カッティングもやりやすくキレの良さを出しやすいです。

特にディストーションサウンドとの相性は抜群です。

高音部でソロを弾くとかなり気持ちいいサウンドが得られますので、速弾きにかなり向いていると言えます。

ポリアセタール(Polyacetal)

ポリアセタール

割と広い意味での素材名でセルコン、デルリンやジュラコンなどもポリアセタールの一種。

ポリアセタールと記載されているものは名称がないものの総称ということです。

耐疲労性、耐摩耗性に優れていることから機器の外装、自動車の内装、模型の可動部などに使用されていて 生活に溶け込んでいる素材でもあります。

レビューモデル

ESP 0.6mm ティアドロップ

素材の感触

マットですが、すべすべとした触り心地で気持ちいいです。

一般的な素材のピックと違和感なく持ち替えが可能な素材です。

スクラッチをすると表面が削れはしますが、減りに対しては強い感じです。

サウンドの特徴

セルロイド系に比べるとややライトな音像でハイとアタックがよく出ます。

カラッとしていてロー、ミドルは控えめな印象ですが、変わり種の素材ではないので音はスタンダードです。

歪みではハイよりはミドルハイあたりがよく出ますし、和音もよく馴染む感じになります。

プラスティック系の素材はバランスがとれていてどれも使いやすいので、アタック感や弦へのタッチ感で決めるのもアリです。

デルリン(Delrin)

デルリン

デュポン社のポリアセタール(POM)樹脂、エンジニアプラスチックの一種で軽量で長寿命、耐水性や耐熱性にも優れた素材

セルロイドより柔軟でナイロンよりは堅い。

表面はなめらかです。

サウンドの特徴

  • 弦離れが良く、抜けの良いクリーンな音
  • 低音域が強め

メリット・デメリット

  • 磨耗に強く減りが少ない
  • 滑りが良くカッティングには不向き

ジュラコン(DURACON)

ジュラコン

ジュラコン(POM)は、エンジニアリングプラスチックのひとつで、耐摩耗性や耐薬品性に優れるポリアセタール樹脂で、ポリプラスティック社の製品をジュラコンと呼んでいます。

いろいろ種類があるのですが、基本的にはポリアセタールやデルリンと同じものです。

レビューモデル

AriaProII HYPER TOUCH SMOOTH&TOUGH 1.0mm

素材の感触

表面はサラサラとしてマットな感触で持ち心地もよく、一般的なピックと大差無いので乗り換えも容易でしょう。

ポリアセタール系の樹脂はセルロイドなどに比べると弾性が高く感じますが、あたりが柔らかく、弦になじみやすいでしょう。

適度にしなりピッキングのニュアンス付けがしやすいのでいい感じです。

ピッキングにより音の差を出していきたいプレイヤーは一度お試しください。

バランスのとれた優等生ピックといえるでしょう。

サウンドの特徴

セルロイドに比べると、少し柔らかめの音色で比較的ウェットな響きが出ます。

滑らかで甘い音を出しやすい印象で、ミドル~ローが強調されて出てきます。

発音がしっかりしていて、聴き心地が良いです。

低音はやや音像がぼやける印象なので、メロウなトーンを生かすなら中音域がスイートスポットでしょう。

キレ良い演奏もしやすく奏法を選ばず使用できます。

伸びのあるオーバードライブなどがよくハマりますので、ギターインストなどでメロディーライン弾くときなどに向いています。

ポリカーボネート(Polycarbonate)

ポリカーボネイト

有機ガラスの一種でアクリルよりはピックっぽい物質ですが、見た目には独特の質感と光沢感があり、ややメタリックな印象です。

プラスチック素材の中では最高クラスの耐衝撃強度があり、身近な物ではCDやDVDの素材ですね。

非常に軽量で透明度が高く耐久性が高いので、防弾素材に使用されたり ヘルメットのシールドなどでよく目にするかと思います。

レビューモデル

PICKBOY Edge Polycarbonate

素材の感触

とにかく丈夫なので安心です。

表面はツルツルしており、滑りやすいです。

レビューモデルには滑り止めの加工がなされていたので持ち心地は悪くなかったですね。

あとは非常に軽いのでピックの回転が速くなっても全く問題なく、スウィープがしやすい印象でした。

たくさん種類のあるプラスティック素材ですが独特の弾き心地になります。

サウンドの特徴

いい意味での軽さが出ます。

パキパキとした独特のアタック音が特徴的です。

ロー、ミドルは控えめでハイが目立つ感じですが、若干の柔らかさが残るのが印象的です。

キレのいい演奏を求められるジャンル、ファンクやガレージロックなどが向いているかと思います。

歪みではやや音の薄さが気になり、歪みの良さがあまり出ないような印象を受けました。

クランチくらいで使用するのが良いでしょう。

メタカーボネート(Metacarbonate)

メタカーボネート

ポリカーボネート系の素材で塩ビとの組み合わせで構成されています。

ややメタリックな見た目で若干透明であるところが特徴です。

発色のキレイさなどからオリジナルピック作成の素材として浸透している模様です。

レビューモデル

PICKBOY META CARBONATE 1.00mm

素材の感触

スタンダードな樹脂製ピックに比べるとやや硬さが目立ちます。

ピッキングの感触がパキッとする感触ですが、一般的なフィーリングの範疇ですので特に違和感は感じないと思います。

サウンドの特徴

発音が大きく、硬いはっきりとした音像になります。

キラキラとしたプレゼンスも特徴でストラトなどでクランチサウンドを出す場合などに向いています。

とはいえ逸脱したサウンドではないので様々な演奏に対応できるでしょう。

手に入りやすいのもメリットです。

トーテックス(Tortex)

トーテックス

表面がざらついているのが特徴で、すべりにくく指に汗をよくかく人でも安心して使えるピック。

ストロークが強い人にもオススメです。

サウンドの特徴

  • 音が大きい

メリット・デメリット

  • 耐久性が良い
  • 減りが少ない

セルテックス(Celltex)

セルテックス

PICK BOYのオリジナル素材で材質はナイロンに近く表面に艶があります。

セルロイド~ナイロンの中間あたりの質感です。

非常に軽くて粘り気があり削れにくいのですが、タッチは意外と柔らかく中音~高音域を多用するプレイに最適です。

レビューモデル

PICKBOY Celltex 1.00mm

素材の感触

表面にテカりがあり、粘り気がありますのでヌルヌルする触感です。

滑りやすくクルクル回りやすいのでプレイ中は要注意。

どちらかというと硬めのナイロンピックに近い印象ですが、弦に対してやや滑る印象もあります。

ピックとしてはスタンダードな持ち心地なので、セルロイドやナイロンがお好きな方は試してみては。

サウンドの特徴

音はいわゆる一般的なピックで比較的丸くなりやすく、ミドルローがよく出てくる印象です。

バランスもとれているのでオールジャンルで使用できます。

セルロイド系の音ですがこちらもセルロイド~ナイロンの中間あたり、ややナイロンよりと考えてもらえばいいと思います。

歪みは太さがよく出るのでリフが弾きやすいです。

ただ少し和音がつぶれる感じなので、ヘビーな音作りの時にはすっきりしないので注意しましょう。

お持ちの機材などの関係でセルロイドやナイロンでしっくりこない、と考えられている方はお試しください。

コーテックス(Cortex)

コーテックス

人口べっ甲素材。表面が非常になめらかで、タッチニュアンスの表現がしやすいピック。

材質は亀甲に似ており、耐久性、耐熱性に非常に優れた材質です。

サウンドの特徴

  • クリーンでクリスピーな音色が特徴

ジュラテックス(Juratex)

ジュラテックス

ナイロン系の素材で出来ており、プラスチック特有のつるつるとした滑るような感覚ではなく、手になじむやさしい感覚のピック。

詳しい組成は不明ですが、名称的や感触的にジュラコンとナイロンの混合素材と思われます。

レビューモデル

B.C.Rich JURATEX 0.8mm

素材の感触

サラサラとしていてすべすべした感触もある素材で、ピッキング時にはやや滑りやすいかと思います。

こちらもしなやかさがあり、手のなじみがいいです。

弦に引っかかることも少なく様々なプレイスタイルに使用できるオールマイティな印象のピックです。

サウンドの特徴

セルロイドとの比較ですが、出音ははっきりすると同時にまろやかさも出てきます。

ジュラコンとセルロイドの中間あたりのキャラクターで、ミドル~ローがよく出てくる感じです。

パキッとしたアタックも少し付与されるので同じポリアセタール樹脂よりもさらにカッティング向きである印象です。

音の分離もやや良いので低音弦でもさほど気にならずに演奏できます。

やや甘めの歪みで弾くと気持ち良い音がでてきまので、ソウル系の曲に合うと思います。

デルフレックス(Delflex)

デルフレックス

Planet Wavesオリジナルブレンドの混合アセタール樹脂を使用することで、ブライトなトーンを損なうことなく優れた耐久性を実現。

また、ピックの製法で一般的な型抜きの製造方法ではなく、射出成形方法で製造しているためピック全体に均一のフレキシビリティーをもっています。

レビューモデル

Planet Waves Delflex Picks 1.04mm

素材の感触

ザラっとした手触りが特徴の素材で、滑り止めを兼ねるので持ち心地が安定しやすいです。

減りは早い方で毛羽立ちも出やすいので寿命は短めかもしれません。

常に予備は用意しておきましょう。

しなりは少なめでやや硬めですが軽さがあるのでしっかりピッキングするとバランスがとれます。

とはいえあまり大差がなく、一般的なピックという印象です。

サウンドの特徴

音質的にはセルロイドに近い音色ですが、少し硬さがあるので発音される音量が少し大きいです。

音質はかなりスタンダードなものでどんなジャンルにも使えそうです。

どの音域もバランス良く出ています、個性という意味ではあまりありません。

スタンダードなものと比べて持ち心地とピッキングの感触が少し硬いので、キャラクターを変えずに感触を変えてみたいときに使用してみてはどうでしょうか。

PPS

PPS

ポリフェニレンスルファイドという強度や疲労特性にも優れた新素材で「人間の爪に一番近い硬さ」といわれ、指先の繊細なニュアンスを弦に伝えることができます。

素材色が濃いグレーのためピック色のバリエーションはありません。

レビューモデル

FERNANDES PPS 0.6mm

素材の感触

一見ごく一般的なピックに近い感触ですが、触ってみるとなるほど「爪の感触に近い」という感じです。

サウンドの特徴

傾向としては一般的な樹脂製ピックとあまり変わらないため違和感なく使えます。

適度なしなりで弾きやすいので初心者にもオススメ。

音像はフラットでバランスの良い印象でストロークプレイの時に気持ちよく、ポップス、ライトなロックなど歪みでも聞きやすい。

音やジャンルを問わない万能選手ですが、個人的には1.0mmが好みです。

DDT

DDT

IKMというメーカーが開発したオリジナル素材で、DDT(デュランティ ダイアモンド トーン)と呼ばれる複合プラスチックでできています。

耐久性に優れていてべっ甲に近づけた素材です。

レビューモデル

IKM HEXAGON 3G DISTORTION

素材の感触

硬さがありレスポンスが早めです。

しなりもなく耐久性も高いためいろいろな演奏ができる優等生ピックで、多ジャンルに対応できるでしょう。

レビューモデルでは六角形にカットされ表面の加工も弾きやすさを助けています。

感触はウルテムに近い感じになっており、表面にざらつきがあり滑り止め効果もあります。

サウンドの特徴

サウンドもウルテムに近い感じになっており、硬さの割には高音がおさえられており耳障りになりにくいです。

比較的分離がよく歪みで使用してもつぶれにくい印象です。

まろやかに発音されるのでオールジャンルに対応できるでしょう。

PCABS

PCABS

ポリカーボネート(PC)とABSの特長を兼ね備えた、PC/ABS系のポリマーアロイ。

硬いポリカと弾性のあるABS樹脂を組み合わせていいとこ取りした感じの素材です。

スーツケース素材としても有名です。

レビューモデル

Goshi Products MULTITONE PICK

素材の感触

やや硬めの感触ですが、しっかり衝撃を逃がしてくれるのでピッキングはやりやすいです。

硬めでキレ良く演奏ができるので、カッティングが向いているかと思います。

また、ソロ演奏でも回転がいいので細かなフレーズにも対応できます。

ポリカーボネートの特性として耐久性は非常に高いです。

サウンドの特徴

音は軽めですが、キレの良い発音でシャキっとした音色で、分離が良いのでコードがはっきりと聞こえます。

ピックの回転がかなりスムーズで早いフレーズも弾きやすく細かな演奏が可能です。

コードワークもかなり綺麗に出せるのでストロークからメロディーまでカバーできます。

ローが控えめでハイ~ミドルがよくでており、歪みはクランチあたりがよくハマります。

ディストーションで使用すると低音が引っ込む独特のバランスになりおもしろいです。

キレ良く歪みを使いたい場合などに使用してみてください。

ファンク~ソウルの匂いがする曲で使用してみましょう。

メタマーブル(Meta Marble)

メタマーブル

メタマーブル樹脂は真珠のような深みのある美しい色合いやメタリック調の輝きを持ったPC/PMMA系ポリマーアロイで、程よい硬度と弾力性を合わせ持ちます。

スーパーエンジニアリングプラスチック(SEP)

エンジニアリングプラスチック

特に強度に優れ、耐熱性のような特定の機能を強化してあるプラスチックで、医療機器などにも使用される。

インジェクションモールディン技術で造られ、耐摩耗性、摺動性に優れた素材です。

優しくタッチしても激しくストロークしてもその応答性が抜群です。

プロテイン(べっ甲代替素材)

プロテイン

希少価値の高いべっ甲に代わり、べっ甲独特のサウンドを再現するため、動物のタンパク質を使い開発された新素材ピック。

最新のピックでまだこの商品しかありませんし、かなりレアなピックです。

レビューモデル

Clayton NUTONE PROTEIN PICKS

素材の感触

表面はマットな感触で、軽くパキッと硬い持ち心地ですね。

べっ甲に比べるとややしなりがなく粘りがない印象ですが、カーボン素材よりはしなる感じです。

ちなみにシェル素材のような打音がします。

サウンドの特徴

立ち上がりが早く、ナチュラルな音色が出ます。

シャープな音が出しやすくローが少なめで、ボワボワとした広がりがなく、スッキリしています。

カッティングが気持ちよく弾けますのでリズムを強調できるファンク系、ソウル系などでも使いやすいです。

硬めの素材なので速弾きにも向いています。

バランスもいいので歪みでもクリアにはっきりとした音を出すことが出来ます。

カーボンなどに近いキャラクターですがそれよりもややまろやかな印象です。

まだバリエーションが少なく素材のポテンシャルが見えませんが、新しい素材として今後も注視していきたい素材です。

TUSQ(人工象牙素材)

TUSQ

人工象牙素材という位置付けで象牙に近い特性を持っている樹脂素材です。

ギターのサドルやブリッジに使われることが多くサスティーンに優れています。

レビューモデル

Graph tech TUSQ PICK bright BiAngle 1.00mm

素材の感触

硬さと軽さを兼ね備えている素材で、レスポンスも早くキレのいい音を出しやすいです。

よくしなる素材ではないですが硬さには余裕があるので奏法はオールマイティに対応できるかと思います。

感覚的には一般的なピックとさほど変わらないので乗り換えも容易でしょう。

サウンドの特徴

持ち心地の印象よりはハイが抑えめです。

ややきらびやかになるキャラクターを持っており、ストロークプレイに威力を発揮します。

全体的にまとまったサウンドで使用しやすいかと思います。

クリーンも歪みにも使用できるオーソドックスなサウンドの部類です。

最後に

ピックが変わるだけで音の出方や、弾き方そのものも変わってきます。

音を変化させるのに一番低コストで済むのがピックです。

表現したいニュアンスによって変えてみてはどうでしょうか。

いろいろ試して、ライブやレコーディングに役立てて下さいね!

参考になれば幸いです。


よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます