Guitar@RAG
ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ピックの種類と選び方(天然素材)

ギターピックの種類と選び方・おすすめ(天然素材編)

ギター・ベース用として市販されているたくさんのピックの中から、20種類以上の石や木、貝殻といった天然素材の感触やサウンドの特徴、その使い方・選び方についてをわかりやすく解説します。

音楽スタジオのベテランスタッフがレビューしてみました。

【素材別レビュー】

木(ウッド)

木

木製のピックは厚手のものが多く柔らかいアタック感と低音が特徴で、ジャズプレイヤーなどに好んで使われています。

エボニー、ローズウッド、ボックスウッドなどの堅くて丈夫な素材が適しています。

あまりアタック感がなく中低音が目立つ感じで、ピックというより指で爪弾く感じに近い音。

リバーブをかけてソロを弾くとすごく甘い良い音を出してくれて驚きました。

サウンドの特徴

  • 低音がよく響き、石よりも甘く柔らかい音色

メリット・デメリット

  • 高価
  • やや入手性にかけます

ローズウッド

ローズウッド

ローズウッドは硬くて重い材で、ギターやベースの指板に使用されているなど、プレイヤーの方にはなじみの深い素材です。

日本名は紫檀。 高級ギターに使われているハカランダは高級木材です。

レビューモデル

PICKBOY ROSE WOOD HAND MADE

素材の感触

木材なので手のなじみはかなりいいです。

やや滑りやすく、弦に引っかからないのでピッキング難易度が高いです。

サウンドの特徴

音はハイが削られた丸くて広がりのある音です。

強度の問題から厚みがあるモデルが多く、音量感や太さが得られます。

リバーブのかかりが大変面白いですが、かけすぎには注意。

アコギにもいい感じですがストロークがやりにくいので腕が問われます。

アルペジオのバラードやジャズギターとの相性がいいですが、一方でキレのいい曲やカッティングには不向き。

音像がかなりぼやっとしているので歪んだ音では正直使いにくいです。

個性を求める方はチャレンジしてみても面白いと思います。

ボックスウッド

ボックスウッド

セイヨウツゲとよばれ街路樹などでも見かける事の多い木です。

英語の「箱」であるBOXの単語の語源になっています。

小物に使用される事が多く、種類は少ないですが楽器にも使用される事があります。

レビューモデル

PICKBOY BOX WOOD Hand made

素材の感触

大変軽く、それでいてしっかり詰まっている感じがピッキングでよく感じられます。

持ち心地が良くピッキング全般がやりやすく感じます。

木材ピックは硬さの割に反発が少なく、指や弦への負担も少ないかと思います。

消耗も弾いた感触よりは少ないので安心して使用できます。

サウンドの特徴

カラッとしていて高音がすっきりしています。

軽さが影響してかローは控えめでハイがよく出てきます。

ミドルのメロウさも残しており、ソリッド、シングルコイルのギターとよく合いそうです。

カッティングがオススメです。

コードワーク全般が軽く潰れずに発音されるのでバンド内でも邪魔になりにくいです。

クリーンが気持ちいいので、ファンクギターが相性良さそうです。

ブロンドウッド

ブロンドウッド

薄い木目の茶味がかった手触りのいい木材で、スネア材として使用されているようです。

レビューモデル

Clayton Exotic Blond wood

素材の感触

木材ピックの中でもかなり軽い部類で、机に落とした音もかなり高い音がなります(密度が高いものは低い音がします)。

家具に使用されている木材っぽい手触りで気持ちいいです。

硬さはあるので減りは少なめですが、割れそうではあります。

サウンドの特徴

ローがかなりでてこない印象で特徴のあるバランスを持ち、ハーフトーンのような音色になる不思議な音色です。

全体的に軽く良く抜けるサウンドでややキラキラとした感じが付与されます。

アッシュを使用したギターなど軽さが出るギターで使用するとチープさが際立って面白くなりそうです。

ビザールギターにも使用してみたいですね。

あまり歪み向きではないかもしれません。

クランチくらいに止めた方が特徴がよく出ます。

ただし分離は良いので潰れることはありません。

シーシャムウッド

シーシャムウッド

またの名をインディアン・ローズウッドといい日本では紫檀と呼ばれます。

重くて硬い木材で茶褐色がキレイです。

ギターの指板にはローズウッド系がよく使用されます。

レビューモデル

Montreux Sheesham wood large pick 3.00mm

素材の感触

硬く軽い素材ですが、表面がサラサラしており持ち心地がいい感じです。

ただし、木製のピックの特徴として、減りが早く耐久性は低いです。

取り回しは良くいろいろな演奏に使用でき、特にキレの良い演奏がやりやすいです。

サウンドの特徴

木製のピックは発音が早く分離が良いサウンドが出るため、コードを弾いても潰れずに良く鳴ります。

比較的丸い音でふくよかな音色で、カラッとしていてミドルがよく出るバランスです。

クランチくらいでソロを弾くとよく馴染みます。

ウェッジウッド

ウェッジウッド

キレイな縞模様が入った非常に軽量な素材です。

しかし、いくら調べても出てきませんので詳細は不明です。

見た目的にはウェンジウッドやゼブラウッドなどに似ています。

レビューモデル

Clayton EXOTIC Wedge Wood

素材の感触

木材ピックの中でも非常に軽い素材ですが硬さはあります。

ただし、形状加工にもよるかと思いますが弾きにくい感覚です。

素材の特性上線が入っており、境目が弦に引っかかりやすくなっています。

ストロークはしやすく単音弾きはやりにくいです。

サウンドの特徴

軽さと密度の薄さからかハイ、ローが抜け落ちた独特の音質で、倍音が強調されて出てきます。

ハーフトーンのような音質になる不思議な素材です。

反面、コードは埋もれてしまい歪ませるとつぶれてしまいます。

クリーン~クランチでのストロークプレイで使用するのがいいかと思います。

エボニー

エボニー

いわゆる黒檀とよばれる木材で、黒が美しい木材で硬さがかなりあります。

ギター、ベース、バイオリンなどの弦楽器の指板に使われる木材ですね。

ピアノの黒鍵なんかもエボニーです。

レビューモデル

PICKBOY EBONY WOOD Hand made

素材の感触

持ち心地がツルツルで高級感があり、やや軽量でしっかりとした硬さがあります。

木材らしい感触ですが、硬さが際立ちますので、取り回しもしやすく様々な奏法に使いやすいかと思います。

減りも少ないので経済的です。

サウンドの特徴

木材ピックらしいすっきりとしたオーガニックな音色ですがレスポンスが良く、しっかりとした音量が出せます。

ハイ、ローが良く出てきていてゴリっとした質感です。

ハイが痛くなくまろやかで、クリーン~オーバードライブサウンドによくはまります。

木材ピックは基本的に分離が良いのでコードワークが弾きやすいです。

カリン(パドウク・パドック)

カリン

赤みがかった色が鮮やかで様々な工芸品などに利用されています。

ギターではボディー材として使用される事があります。

木琴などもカリンで作られているものがあります。

加工時に出る粉塵が人体に有害であるとされていて、利用が制限された時期があります。

レビューモデル

Clayton Exotic Padauk

素材の感触

硬さはしっかりとありますがエボニーに比べるとやや柔らかめ。

重さも詰まり具合が影響しているのか少し軽く、減りは少し早めです。

持ち心地がよく吸い付く感じがあります。

全般的な奏法で使用できるピックだと思います。

サウンドの特徴

分離が良くコードワークやカッティングをしても各弦の音がつぶれません。

カラッとしていて、すっきりとした空気感があり、ミドルが良く出てきてハイ、ローもバランス良く出てきます。

ややメロウなサウンドキャラクターがつくのも特徴です。

クランチあたりで演奏すると甘めのブルージー感がでて気持ちいいです。

ココナッツ

ココナッツ

ココナッツの殻を使用したピックです。

殻は強靭な繊維質の塊で、死亡事故が起こるほど硬いです。

南国のおみやげに工芸品などにもなっていますね。

レビューモデル

Montreux Coconut shell large pick 3.00mm

素材の感触

ココナッツは硬い素材でピッキングでは減りません。

殻にカーブがついているので持ち心地は好みが分かれるでしょう。

木材の中では重い方なのでしっかりピッキングできます。

かなり厚みがあるので速いフレーズの取り回しはやや苦手というところです。

サウンドの特徴

カラッとした音像ですが重みがあり丸い音が発音されます。

立ち上がりが早く、はっきりとした音色で、こちらはクリーンサウンドに向いています。

フルアコやアコギで使用してみるとおもしろいかと思います。

竹

生活の中でもお馴染みの竹。

実はタケとササとバンブーは別の種類で、試奏モデルはバンブー製。

乾燥させたものは硬さと柔軟性が兼ね備わっており様々な用途に用いられている。

レビューモデル

Bambee Bambee pick Hard

素材の感触

しなりがありピッキングニュアンスが出しやすいです。

軽いので取り回しもよく、キレのいい演奏がやりやすいピックです。

手になじみやすく触り心地がいい感じです。

減りがかなり速いので耐久性はイマイチで、強く握っただけでミシッという音がするので強すぎる演奏には不向き。

サウンドの特徴

カラッとした音像で分離がよくコードを弾いても潰れません。

エッジが効いて抜けがよくバランスよく発音されます。

オーガニックな音質でブルースらしさが出ます。

クランチ~オーバードライブで弾くと大変相性が良いのでブルースロックなどに向いています。

とにかく分離が良いのでディスト-ションでの低音リフでもはっきり聞こえます。

石(ストーン)

石

メノウや水晶、オニキス、ブラッドストーンなどが有名。その他にもなんと「隕石」から作られた変わりダネまであります。

形状は極端に厚手のものが多く、石ならではの独特の倍音を含むその音色は、今なおたくさんのギタリスト達を魅了し続けています。

メノウタイプを試してみましたが、大きくはっきりした音が出やすく、特に高音弦のサステインがとても気持ち良い感じです。

サウンドの特徴

  • アタックが強く独特の太い音色

メリット・デメリット

  • 高価

瑪瑙(メノウ)

瑪瑙

様々な色の鉱物が折り重なってできる変種で宝飾品としても扱われ、英名ではアゲートと呼ばれます。

もともと色鮮やかな上に、着色も可能なので様々な色のものがある。

組成によってたくさん種類があり、それぞれに名前が付いています。

瑪瑙という名前は縞模様が馬の脳に似ていることから。

ピック材としては大変高価な部類に入ります。

レビューモデル

PICKBOY STONE AGATE green

素材の感触

ストーンピックらしいなめらかなタッチ感が特徴で、イメージほどの重さもなく軽やかに弾けるかと思います。

振動はほぼ伝わってこないのでピッキング技術は多少必要でしょう。

メカニカルな速弾きは少しやりにくいですね。

ピッキングによる減りはほぼ無いと言っていいです。

サウンドの特徴

丸くふくよかで、太さと広がりのある優しい音色です。

反面、発音はやや遅くキレのある演奏に使用するのは難しいでしょう。

クリーンサウンドでフロントピックアップを使って演奏するジャズ系のテーマ~ソロで威力を発揮します。

アンプやミキサーで高音やプレゼンスを補正してあげるといいと思います。

リバーブとの相性もいい感じで、アルペジオで広い空間がつくれます。

歪みで使用するとモコモコとしてつぶれてしまい、あまりいい感じにはなりません。

オニキス

オニキス

オニキスは瑪瑙の一種で、その中でも平行に縞があらわれ黒と白の配列になっているものを指します。

基本的には瑪瑙と同じもので宝飾品などに使用されています。

レビューモデル

PICKBOY NATURAL STONE PICK ONIX

素材の感触

ストーンピックは柔らかなタッチが特徴で、弦への引っ掛かりがほとんどないのでピッキングには慣れが必要です。

速弾きの難易度は高い方ですが、イメージよりは重さはなく、軽やかに演奏できます。

割れやすいので固い地面に落としたりしないように注意しましょう。

サウンドの特徴

基本的に瑪瑙ほぼ同じです。

柔らかで丸くふくよかな音色で、どっしりとしていて質量のある音感になります。

同じくジャズ向きでしょう。

クリーントーンでのメロディー弾きがいい感じです。

アルペジオもキレイにはまります。

高音部を持ち上げてあげるとキレイなバランスになるかと思います。

やはり歪みだとつぶれ気味で、使いづらさがありますので、素直に特性を生かした使用方法の方が応用も利きますね。

骨・角・牙・甲羅など

骨(ボーン)

牛骨(ボーン)

牛骨(ボーン)はギターナットなどにも使用される天然素材で、弦の滑りが良くサスティーンも伸びます。

GENUINEは本物という意味なので本物の骨を使っていますということでしょう。 ギターのナット材やブリッジ材に使用されることもあります。

レビューモデル

PICKBOY GENUINE BONE Hand Made

素材の感触

有機素材なので手のなじみが良く、角(ホーン)に比べると硬さと重さも感じます。

例えるなら小石を持っている感覚に近いです。

重さがちょうどよくピッキングの回転も速くできるので使い心地はいいです。

サウンドの特徴

硬さがあり厚みがあるので音のシェイプが良く出ます。

金属などに比べるとハイが出すぎずミドルがよく出るので色々なジャンルに使用しやすいです。

アクセントがつけやすく切れも出しやすいです。

厚みからカッティングは難しいですが、慣れてくると音を塊で出せるので聞き心地のインパクトはあります。

やはりジャズ系のメロディー弾きがよくはまります。

歪みで使用すると粘りのあるミドルが強調されるので、強めのオーバードライブで弾くと気持ちいいです。

角(ホーン)

角(ホーン)

角(ホーン)は水牛のツノを使って作られており、人間の爪に近い素材のためナチュラルな音色が特徴です。

主にジャズの演奏に好んで使われますが、剣先を好みの形に削る事で様々なプレイスタイルに対応できるのも魅力です。

彫刻されて芸術品として扱われたりしていますが、 ピックとしてはかなり珍しい部類に入ります。

ギター材としてはアコギのブリッジピンやガットのブリッジサドル、 ナット材としても使用されますが最上級品です。

基本的に加工が手作業です、ピックも然り。

部位により感触や色も個体差があるので注意です。

レビューモデル

PICKBOY BLACK KNIGHT GENUINE HORN

素材の感触

とにかく独特の弾き心地です。

弦に食い込んでいってるのではと錯覚するタッチ、でも硬い。

試奏したモデルはかなりの厚みがありましたが、厚みを感じさせない手のなじみに驚きました。

試奏モデルは人間工学や力学的に計算されて、力が先端に流れるように加工されていて弾きやすくなっていますが、その辺の影響かなと。

弦の削りも少なくすみそうです。

硬さの割に抵抗があまりなく細かなニュアンスも出しやすいです。

見た目に反してストロークもやりやすい。

サウンドの特徴

音に芯があり太い音、丸くなる方向ではあるがハイがなくなりすぎない独特のバランス。

やはり向いているのは柔らかで激しすぎない音楽で、太いピック全般に言えますがジャズ向き。

主観ですが、意外とアコギよりの音ではないかもしれない。

歪みで弾くとヌルッと伸びるサスティーンが特徴で、クランチ~オーバードライブサウンドに向いてます。

べっ甲

べっ甲

古くからピックや撥に使われてきた王道の素材ですね。

現在はかなりの高級素材なのでおいそれと購入できませんがファンはいまだにたくさんおられます。

素材の感触

程よい硬さ、しなり、手のなじみといいかなりの好感触です。

握る強さに対してピックが硬さとして応えてくれるのでどの弾き方でも対応可能です。

現在でも好んで使用されている方がいるのもうなずけます。

スクラッチとかするともったいないですよ。

サウンドの特徴

中域がいい感じに出て、全体的にもバランス良く発音されます。

そして特有のねばりやツヤのようなものが出る不思議な感覚です。

ニュアンス付けに幅広く反応し、ダイナミクスにも応えるため、高水準のオールマイティといった印象です。

アコースティックな音色にも歪みにも問題なく反応してくれます。

歪みではフュージョンサウンドなどは特にはまりやすいかと思います。

ES-335でオーバードライブサウンドを鳴らしたい衝動にかられます。

お値段以上のものを求める方は一考の価値ありです。

象牙

象牙

現在手に入るものとして、大変希少な象牙の代わりにマンモスの象牙を使ったピックがあります。

象牙特有の吸水性、吸着性により、滑ること無く指先に吸い付くような操作感があります。

サウンドの特徴

  • 密度が高くアタック音は少し強めです。音一つ一つの粒だちがよく程よい派手さです。

メリット・デメリット

  • 高価

貝殻

貝殻

マザーオブパールといわれ、真珠を産み出す貝の貝殻のことです。

ギターのインレイなどに使用される白蝶貝などもこれの一種です。

見た目もキレイで高級感があります。

レビューモデル

PICKBOY ASSUR GENUINE MOP 2.00mm

素材の感触

厚みがありながらも軽量ですが、思ったより削れていくのが早いです。

タッチ感はストーンピックに近いですが、ストーンに比べると通常のピック寄りです。

ホーンとストーンの間くらいの硬さというところでしょうか。

表面が少しツルツルとしているので、ピックが少し回りやすい印象です。

サウンドの特徴

立ち上がりがよく、ハイ~プレゼンスにきらびやかさが出ます。

ミドル抜けが良く芯のはっきりとしたどっしりとした質感になります。

固く締まったローとキレイなミドル、ハイと通常のピックとは違った意味でバランスがいいです。

クリーン~歪みでも問題なく使用でき、厚みもそれなりにあるので音量感もでてきます。

クランチあたりで演奏すると気持ちゴージャス感が出せて面白いです。

ルーツ混じりのフュージョンやスタンダードなロックが向いていると思います。

ゴム

エボナイト

エボナイト

参考:下町のエボ屋さん

硬く光沢をもったゴム素材で、外観がコクタンに似ていることからエボナイトと呼ばれます。

古くは楽器のマウスピースなどにも使われており、低音から高音までバランスが良く、楽器本来の音色をそのままに伝えます。

サウンドの特徴

  • 自然な音。自然なグリップ感

メリット・デメリット

  • 高価

ラバー(硬質ゴム)

ラバー

いわゆるゴム素材で作られています。

あらゆる場所で目にする一般的な素材ですが、ピックとしてはかなり珍しい部類になります。

レビューモデル

Clayton PHAT-TONE 2.80mm

素材の感触

元々ベース用として開発されており、素材が柔らかなのでアタックを消す効果があります。

厚さもあるのでギターで使用するのはやや厳しいところです。

リフなどでの低音のフレーズはかなり弾きやすいです。

もちろんゴムのみではピックとしては頼りないので樹脂素材と組み合わせて作成されますが、全く違った音の特徴を持っています。

サウンドの特徴

アタックが消されて、まろやかな発音になります。

フィンガーピッキングに近づけるという思想のもと開発されています。

フィンガーの音そのものとはいきませんが一般的なピックを使用するよりは確かに近くなります。

音は厚く、太く芯もあるサウンドが出せます。

歪みで使用しても思ったよりは潰れず使用してみても面白いかと思います。

その他

皮革(レザー)

本皮

一般的にウクレレ用とされているピックで、いわゆる動物の皮、皮革ですね。

皮革でできたピックというとちょっとレアな存在です。

工芸品やコート、靴などで普段から目にしているものですね。

レビューモデル

Famous モンステラ

素材の感触

レザーのキーホルダーを想像してもらうと分かりやすいかと思います。

ふわふわとした持ち心地。

もちろんギター用ではありません。

ウクレレで使用する前提で製作されていますが、ガットギターでもいい感じでしょう。

表面に粘りがありひっかかりますので、演奏には慣れがいるでしょう。

サウンドの特徴

ウクレレで試奏出来ていないのでその真価はわかりませんが、アタックが消えまろやかでオーガニックな音が出ます。

ふわっと広がりがあるのでアコースティックのコードワークがいい感じです。

まさにウクレレにうってつけのピックでしょう。

エレキギターで使用するのはやめておきましょう。

すぐダメになります。

フェルト

フェルト

一般的にウクレレ用とされているフェルト製のピックです。

ウクレレのやわらかい音色を生かすにはソフトなフェルトが一番良いされています。

動物の毛を圧縮して板状にした不織布のことで、絨毯やカーペットなどでよく目にしますね。

ピアノの鍵盤のカバーなどもフェルト製が多いです。

レビューモデル

PICKBOY S

素材の感触

ピック的には薄いプラスティック材を芯にして、その周りをフェルトで覆って成形している状態です。

もちろんフワフワした持ち心地で一般的なピックとは全く違います。

弦への負担がほとんど無いので弦にはやさしいですが、フェルトがすぐほつれるのでピック自体の寿命は短めかと思います。

サウンドの特徴

基本的にはウクレレ用として生まれましたが、ガットギターなどにも向いているかと思います。

ウクレレやガット・ギターは弦が柔らかいので通常のピックで演奏すると 弦が切れないか不安ですし、アタックが強すぎて本来の響きが出ないこともありますので、こういった柔らかい素材のピックはいいと思います。

音量的には消音作用は意外となくしっかりと出ますが、アタック感はほぼなく柔らかく丸い広がりのある音が出ます。

サスティーンはあまりありません。

スチール弦で弾くと数回でフェルトがほつれてくるので正直オススメできません。

アコースティックでウォームな音を出したいときに使用するといいでしょう。

最後に

ピックが変わるだけで音の出方や、弾き方そのものも変わってきます。

音を変化させるのに一番低コストで済むのがピックです。

表現したいニュアンスによって変えてみてはどうでしょうか。

いろいろ試して、ライブやレコーディングに役立てて下さいね!

参考になれば幸いです。


よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます