Guitar@RAG
ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|73 view

4種類のピッキングポイントの弾き分けで表情豊かなカッティングが!?

コードストロークやコードカッティングと言われてるものを練習中の方で、どうも平面的にしかコードを鳴らせなかったり、1パターンになりがちだったりしませんでしょうか?

ポイントはたくさんありますが、その中から一つ、ピッキングをギターの弦に当てる場所についてご紹介いたします。

このピッキングポイントを意識して弾き分けるだけで、ストロークやカッティングを表情豊かに演奏できるようになりますよ!

コードは全部弾かなくていい!?

今回はAm7を例にしていきましょう。

Am7

これをコードネームなりTAB譜なりを見てコードカッティングするときに、ずっと1弦から6弦まで何が何でも弾こうと考えてしまってませんか?

曲にもよりますが、実はずっと全部の弦を鳴らさなくてもいいのです。

ピッキングポイントを4段階に分ける

ピッキングポイントを以下の4段階で分けてみましょう。

  1. 低域:6弦5弦(4弦)
  2. 中域:4弦3弦(3弦)
  3. 高域:2弦1弦(3弦)
  4. 全体:コードの最低音から最高音まで

( )の部分は状況により鳴らさなかったり、鳴らしたりする部分です。

あまり神経質に分けるとノリが出しにくくなりますのでご注意ください。

4段階を弾き分けてみる

4種類のピッキングポイントの弾き分けで表情豊かなカッティング

冒頭に例として出したAm7で低域、中域、高域、全体をリズムに合わせて順番に弾いてみてください。

同じコードですが、表情がついたように感じませんか?

そう、曲によって適宜弾き分けられるとバッキングでも表情がつけられるのです。

もちろん、全体を弾くカッティングも悪くないですが、4段階を弾き分けることでより豊かな表現ができるようになります。

最後に練習パターンをご紹介します

実際に動画でコードをポイントで弾き分けながら、練習例をお話しさせていただきました。

実際に楽譜を使って解説しています。

本記事と一緒にご視聴いただけると理解が深まると思います。


著者プロフィール

ギタリスト / ギター講師

武田 展明

神奈川県藤沢市育ち。

ギターを大谷レイブンに師事。

2007年FM横浜主催インディーズ音楽番組にエントリー。

同番組で視聴者投票を3か月連続で月刊チャンピオン受賞。

その後、番組においての年間グランプリを受賞。

その他、Web CM、雑誌への楽曲提供。

ライブペインティング、他ジャンルアーティストとのコラボレーション、野外ライブ、バンドサポート、セッションライブ、セッションホスト、レストランでのアコースティックライブなどで活動。

現在は自己のオリジナルバンド、エアネコレクターで活動中。

1st EPをApple music,Amazon,などから配信中。

https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC-ep/1237075181

エアネコレクター:Facebook:

https://www.facebook.com/airnecollector

ギター講師としてギター教室、ベーシックギターレッスンにて東京都町田、神奈川県藤沢市でギターレッスン開催中。

YouTube動画でもギターや音楽について配信中。

ウェブサイト:https://basic-guitarlesson.jimdo.com

Twitter:slowlife330

Facebook:basicguitarlesson

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCUjSX8A4315fpXt_hdI03Cw

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

おすすめの記事あわせて読みたい