Guitar@RAG
ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
BOSS LS-2

エフェクターを同時に切り替え。おすすめコンパクト・ラインセレクター BOSS LS-2

ギターを上達するに連れて所有するエフェクターも増え、色々な音作りを覚えていくのはギタリストにとって極めて自然な道のりでしょう。

ギタリスト個人の好みのサウンドはもちろん、楽曲によって求められるサウンドが増えていくことは当然のことです。

時には楽曲の途中で音色をガラッと変えることも必要になるのですが、コンパクト・エフェクターを愛用するギタリストにとって「同時に複数のエフェクターを切り替える」という難題にぶつかることも少なくありません。

複数のエフェクターを同時に切り替えるなんて出来るの?」と思う人も多いと思いますが、音作りの世界にはそんな便利アイテムがしっかり用意されています。

究極の便利エフェクター

BOSSのLS-2ライン・セレクターは、まさにそのようなケースで大活躍してくれるエフェクターです。

歪み系や空間系のエフェクターのように直接ギターの音色を変えてくれるエフェクターではありませんが、まさに縁の下の力持ちを絵に描いたようなLS-2は、ライブやレコーディングなど、あらゆる場面で大活躍を見せる究極の便利エフェクターと言っても良いでしょう。

2つの異なる音色を瞬時に切り替える

LS-2の使用方法として最も一般的なのが、2つの異なる音色を瞬時に切り替えることでしょう。

これは単に1つや2つのエフェクターをON/OFFすることによって音色を切り替えるという意味ではありません。

例えば、①コンプレッサーやリバーブで造ったクリーンサウンドと、②イコライザーとディストーション、ディレイで作った歪み系サウンドがあったとします。

①から②のサウンドに切り替えるとき、コンプレッサーとリバーブを同時にOFFにする動作と、イコライザーとディストーション、更にディレイを同時にONにするという動作が必要になります。

演奏中に1回の操作でこれらを行うのは難しく、まったく実用的ではありません。

このような場面で①と②のサウンドを瞬時に切り替えることが出来るのがLS-2なのです。

エフェクターとアンプを駆使したさまざまな組み合わせが可能

LS-2の便利なところは、単に①と②のような切り替えをするだけではありません。

①の音色⇔BYPASS、②の音色⇔BYPASS、①→②→BYPASSの順、更には①+②のサウンド⇔BYPASSという設定も可能なため、エフェクターとアンプを駆使したさまざまな音作りを可能にしてくれるアイテムなのです。

AとB、それぞれのループに対応したレベルツマミこそ便利!!

BOSS LS-2

前項で紹介したような2つの音色は、LS-2のAとBに分けられたSEND/RETURNの端子で組み上げたそれぞれのループで作ることになりますが、①のクリーンサウンドと②の歪み系のサウンドでは、それぞれに繋いだエフェクターの特性によって音痩せが生じ、ボリュームレベルが極端に変わってしまうことも少なくありません。

実際にライブでの演奏経験のある人なら、サウンドを切り替えた際の音量の違いに悩み、このレベル設定の重要さを実感している人も多いでしょう。

例えばバッキングサウンドからギター・ソロのサウンドに切り替えたのに、目立つべきギター・ソロの音量が下がってしまうというようなケースも起こり得ることになります。

LS-2はループごとのボリューム調整も可能なので、そのようなケースの音量の差を解消することが可能になるのです。

左上にあるグリーンのツマミがAループのレベルツマミ、赤いツマミがBループのレベルツマミになります。それぞれのループのレベルを予め調整しておくことにより、音色を切り替えた際の音量の差を解消します。

他にもある色々な便利機能

LS-2を使用するメリットは前述したループ・サウンドの切り替えがメインになりますが、他にも色々な使用方法があります。

中でも3系統あるインプット/アウトプットセレクターとして活用することで、複数のギターを曲ごとに持ち換えたり、複数のアンプを切り替えると言う使い方が可能になります。

また、チューナーアウトとして使用すれば、ライブ中のチューニングの際にアンプから音を出すことなくチューニングが可能になります。

更に、ACアダプターを通してLS-2を使用した場合、他のエフェクターへの電源供給も出来るため、パワーサプライとしての役割も果たしてくれます。

BOSS LS-2

BOSS LS-2

あると便利なBOSSアプリ

定番のコンパクトエフェクターをアプリ内で|BOSS Pedal Sketch

演奏する曲ごとにセッティングを登録したり、お気に入りのアーティストのセッティングを登録したり、使い方は様々。

アプリ「BOSS Pedal Sketch」のリンクが見つかりませんでした。

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます