Guitar@RAG
ギターをもっと楽しむWebマガジン
menusearch

アコースティックギターの種類と特徴。アコギ初心者の基礎知識

一口にアコースティックギターといっても、ボディの素材や形状などによって特徴があり、実にさまざまなタイプが存在します。

もとめるサウンドやプレイスタイルによっても選び方が変わってきますので、アコギ選びの参考になるよう、今回はその中でも比較的代表的なタイプのアコギをいくつかご紹介します。

ドレッドノート

ドレッドノート

https://www.amazon.co.jp

アコースティックギターメーカー「マーティン」が生みの親で、ギターのボディがそれまでにあった大きさより大きいことからイギリス海軍の戦艦「ドレッドノート」に例えられたが由来です。

アコースティックギター定番の形です。

厚さがあり、ボディのくびれが浅く、ボディ形状が全体的に大きく、比較的大きいサウンドが得られるのが特徴です。

60年代〜70年代のフォークブームをへてスタンダードなタイプとなり、今でも多くのミュージシャンに愛されるタイプです。

000(トリプルオー)

000(トリプルオー)

https://www.amazon.co.jp

ドレッドノートに次いで定番のボディサイズで、ドレッドノートよりも全体的に小さく、ボディのくびれも深くなっています。

サウンドはドレッドノートモデルと比べると小さくやわらかいのが特徴です。

コード弾きにも、フィンガーピッキングにも向いています。

アンプラグドの元祖、エリック・クラプトンに憧れてギターを始めた方も多いはず。

00(ダブルオー)

00

https://www.amazon.co.jp

アコースティックギターの中では、最も古い歴史を持つ形です。

グランドコンサートの愛称で親しまれており、フォークソングブルースなどを奏でる上では、今なお根強い人気のタイプのギターです。

000と比べてボディが小さいため大きい音は出ませんが、手軽で弾きやすいです。

OM(オーエム)オーケストラオーディトリアム

OM

https://www.amazon.co.jp

000と同じ形ですが、コンパクトで厚みも薄く、スケールも短いのが特徴です。

あとはピックガードがほかと比べて小さいです。

立ち上がりの早いサウンドが特徴で、フィンガーピッキングスタイルに向いています。

ラウンドショルダー

ラウンドショルダー

https://www.amazon.co.jp

ドレッドノートをなで肩タイプにした形です。

コードストロークで豪快に弾くのに適しており、パワフルなサウンドが特徴です。

ジャンボ

ジャンボ

https://www.amazon.co.jp

アコースティックギターの中でも最も大きいタイプです。

GibsonのJ-180やスーパージャンボと呼ばれるJ-200が代表機種です。

かつてエルビスプレスリーが使用してたことでも有名ですね!

クラシックギター

クラシックギター

https://www.amazon.co.jp

スペインで生まれたギターで、通常のアコースティックギターと大きく違い、クラシックギターはネックが太く、ナイロン弦が使用されています。

フィンガーピッキングでの演奏が基本となっています。

フラメンコギター

フラメンコギター

https://www.amazon.co.jp

名前の通り、フラメンコ音楽を演奏するのに適しているギターです。

見た目はクラシックギターと似ていますが、フラメンコギターはボディの厚みが薄い素材でできており、弦高が低く設定してあるのが特徴です。

速いフレーズを弾くのにも適しており、歯切れのいいサウンドが魅力です。

最後に

奏でる人の音楽に合わせてさまざまなタイプのギターがありますので、自分にあったギターをセレクトしましょう。

初めてアコースティックギターを購入される方にも参考になれば幸いでございます!

著者プロフィール

スタジオラグへおこしやす編集長・ギタリスト

中尾きんや

地元京都です。

バンド活動、PA音響やレコーディングエンジニア、スタジオ店長などを経て、現在は「スタジオラグへおこしやす」の編集長を担当しながら、(株)ラグインターナショナルミュージックの執行役員として日々奮闘中。

最近またスタジオラグ伏見店の店長も兼任しております。

今までは関西を中心に音楽業界にどっぷりな毎日を送っていました。

そこでは楽しさもありつつ、時には苦悩もあり、正直日々試行錯誤な20代でした。

現在は30代半ばですが、若いスタッフとともにここで音楽情報を発信しています。

執筆してくれているのは、現役バンドマンにミュージシャン、全国の音楽講師のみなさん、音楽関係のお仕事されている方やスタジオスタッフに、普段は音楽を専門としない人までさまざまです。

音楽活動のヒント、そして音楽初心者の方へ向けて発信し、多くの世代に読んでいただけるメディアを目指します!

人気音楽雑誌YOUNG GUITARでも執筆経験あり。

趣味はギターと料理とネットサーフィンとか。

好きな音楽は「ギターがかっこいい曲」です。

将来の夢はプライベートスタジオを創ること。

Twitter:kin_kinya

この著者・クリエイターへメッセージを送る

著者の記事一覧

よく一緒に読まれている記事この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます